7年住んだマンションを売って新築一戸建てを買ってみた

やってみて分かった新築一戸建てを購入のコツやポイントを紹介

マンションの売却と同時に建売物件を契約しました

私は、マンションの売却が成立するまで次の物件を決めないつもりでした。ですが、実際にはマンション売却が成立する前に、次の物件を契約することになりました。

ちょうど希望していた場所で、建売りの物件が売り出されたからですが、まだ建物が建設前だったので今なら好きなプランに変更できるとのことでした。

マンションが売れるまで待つと、建売業者の標準プランで建築が始まってしまう可能性があったので、思い切って決断しました。

実際に建売のプラン変更で契約したのですが、思ったほど大きな制約はなく、こちらの希望通りの家を設計してくれました。

マンションから一戸建てに変わると色々と変化があります。管理費・修繕積立金さらに駐車場代がなくなり、当時よりも金利が低くなっていることから、経済的には少し楽になりました。ですが、マンションでは管理人が常駐してくれていたり、管理組合も管理会社が運営してくれたり、マンションの方が楽な部分もあります。

どちらが良いというのは、一概には言えませんが結果的には、一戸建てに引っ越しして良かったと思います。 ただ、マンションに比べると木造住宅は耐久性が劣る上に、修繕積立金などはないので、しっかり貯金しておく必要はあります。

転勤などで、再度売却する必要があるのならマンションの方が良いと思いますが、引っ越しの可能性が無いのなら一戸建ての方が自由が効いて、同じ金額でも少し広めの場所に住めるような気がします。

<前へ(新築一戸建て購入記)    次へ(住宅ローン控除と繰り上げ返済はどっちがお得)>