7年住んだマンションを売って新築一戸建てを買ってみた

やってみて分かったマンション売却のコツやポイントを紹介

不動産会社の担当がかなりやり手でした

諸事情により、途中で買い取り保証のやっている不動産会社と専任媒介契約を結び直しましたが、後の担当の方はある程度ベテランの方でかなりやり手でした。

まず、前の不動産会社との契約解除についても適切にアドバイスをいただき、これからの進め方も非常に適切な説明をしていただきました。

正直、こちら側が少し弱気になっていたのですが、「このマンションは絶対売れるマンションなので、買い取り保証を付けますが、必ず仲介で売買できます」と力強いお言葉で励まされました。

なんとなく、「絶対に売れる」という言葉を聞くと嘘くさく聞こえそてきそうなのですが、その担当の方からは嘘くささはなく、本当に信頼できる感じでした。実際に仲介での売買が成立しましたし。

特に、suumoのページの出来が良かったのが印象的でした。写真の枚数が多く、私たちの知らないところで遠目から見た写真や、夜の周りの写真なども掲載していただき、周りのスーパーや小学校の校区など主婦目線のコメントが良くできており、嫁も絶賛でした。

改めてsuumoでこの担当の方が作成したページを見てみると、一般媒介契約であろう物件があり、同じ物件を複数の業者がページ作成していましたが、その担当の方が作成したページは頭一つ抜けていました。

結果、担当が変わってから数週間経ったところから、週末に内覧が重なって入るようになり、そこからはスムーズい売買契約までたどり着きました。

タイミングや偶然が重なっただけかもしれませんが、不動産売買で営業担当が大きく結果を左右するのだなぁと実感しました。

<前へ(住民票を移す前に印鑑証明を取っておく)    次へ(マンション売却記)>