7年住んだマンションを売って新築一戸建てを買ってみた

やってみて分かったマンション売却のコツやポイントを紹介

マンションがなかなか売れない時

マンションの売却を開始しても、なかなか売れないと精神的にキツイ状態になります。

内覧がほとんど無いまま2カ月近く経過した…などの場合は、別の不動産会社に依頼した方が良いような気もしますが、内覧があっても最終的に売買契約まで行かない場合は何とももどかしい気持ちになります。

売却を開始して最初の内覧は、おそらく担当の不動産会社のお客様になると思いますが、1か月を超えたあたりからはレインズに登録されているはずなので他の不動産会社からの内覧も出てくると思います。

他の不動産会社からの内覧が全くない場合は一度担当に不動産会社に確認した方が良いでしょう。もしかすると、レインズを故意に登録していなかったり、他社の内覧を断っている可能性も無いわけでは無いようです。

もし不動産会社から、価格を下げた方が良いとアドバイスをいただいた場合は、素直に従った方が良いでしょう。当然、その不動産会社の担当者が信頼できる場合に限りますが…

不動産会社側からも、専任媒介契約をしている場合は途中解約される可能性があるので、価格を下げるようなアドバイスは本来したくないはずです。それでもアドバイスがあったということは、相場から離れているか、現在売り出し中の同じような物件の中で価格的に浮いているなど、それ相当の理由があるのだと思います。

いずれにしても、信頼できる不動産会社の担当者を見つけることがマンション売買の成功の秘訣であることは間違いないと思います。

<前へ(マンションを売却しながら次の物件を探す)    次へ(買い取り保証という選択肢)>