7年住んだマンションを売って新築一戸建てを買ってみた

やってみて分かったマンション売却のコツやポイントを紹介

内覧の時にどこまで部屋をきれいにするか

内覧の時、部屋をきれいに掃除しておいた方が印象が良いのは言うまでもありません。

部屋がきれいだと、「この部屋は丁寧に使用されていた」という印象を持ってもらえると思います。

ただし、お金をかけて「クロスの補修を行う」「フローリングを交換する」などは不要です。 むしろ、お金をかけての修繕はしない方が良いでしょう。

基本的に中古物件を購入される場合、ある程度の傷みは許容されますし、必要であれば購入者が引っ越し前にハウスクリーニングや補修を行います。

特に、クロスの張り替えは購入者が自分で好きなものを選びたいと思います。あえて売却時にクロスを張り替える必要はないでしょう。

重点的に掃除した方が良いのは、キッチンと浴室です。とくに、排水溝のにおいに気をつけて掃除しておきましょう。

不動産会社と専任媒介契約を行うを、無料でハウスクリーニングなどのサービスを受けることができる場合もあります。そういったサービスがある場合は利用するのもひとつの手だと思います。

<前へ(専任媒介契約にする?一般媒介契約にする?)    次へ(内覧ができなくても売却できる?)>