7年住んだマンションを売って新築一戸建てを買ってみた

やってみて分かったマンション売却のコツやポイントを紹介

マンション売却で一括見積はしてはいけない

基本的に高額な品物やサービスを受ける場合、複数の会社から見積もりをとって最も条件の良いところを選択します。

とくに、引っ越しなどの場合では値段はあって無いようなものなので、複数社から見積もりをとることでかなり安くすることができます。

ですが、マンション売却においては少し事情が違います。

マンションの売却金額は不動産会社が決めるのではなく、自分で決めることができます。 不動産会社はその地区の相場や過去の実績などから、適切な金額をアドバイスしてくれますが、最終的には自分で決めた金額で買い手を探してくれます。

たとえば、複数の不動産会社に見積もりにいった際に A社:3000万円 B社:2800万円 という査定が出たとしても、B社の方がマンションが売れそうな感じがすれば、B社に3000万円で売却を依頼することも可能です。

インターネットで「マンション売却のコツ」などを検索すると、インターネットによる一括見積を進める記事が目立ちます。

ですが、インターネットによる一括見積に関しては私はあまり意味がないと思います。 自分の物件の相場を知るには良いかもしれませんが、相場に関しては近所の不動産会社を直接訪ねた方が良いと思います。

むしろ、複数の業者にマンションを売却するという個人情報が知れ渡ってしまうデメリットの方が多いと思います。

また、一括査定を進めるホームページのほとんどは「アフィリエイト」と呼ばれるページです。つまり、そのページを経由して「一括査定」を行うことでホームページの作成者にお金が入ってくるため、過剰に一括査定のメリットを強調しています。

繰り返しになりますが、引っ越しの場合は一括査定は有効ですが、マンション売却においては一括査定はおすすめできません。

ただ、どうしても早急にマンションを売却する必要があり、仲介での売却ではなく直接業者へ売却する場合は、必ず複数の業者から見積もりをとって最も条件の良い業者へ売却しましょう。

<前へ(このマンションはいくらで売れますか?)    次へ(不動産会社は仲介手数料によって利益を得ます)>